箱とラジカセとぼく

思ったこととか思ったこととか書きます。くだらないことしか書いてないので気をつけて読んでください。記事に関する意見はTwitterでも受け付けてます。ID:@senedesumusu

嫌な話

おはようございます。僕です。嫌なことされると嫌ですよねって話です。

 

僕はコミュ障なので人にされたら嫌なことがたくさんあるんですけど、その中の一つが「話しかけられること」なんですよ。コミュ障の人ならわかると思いますが、シンプルに一番怖いことなんですよね。なのに現実にはこっちの気も知らないでズカズカこっちに踏み込んでくる人がいます。きっと心を化け物に支配されているので早急に精神病院に行くかぬ〜べ〜を呼ばなくてはなりませんね。

 

馬鹿は人の気持ちを考えない

めちゃくちゃ主語がでかい見出しになってしまいましたが、大体合ってるので何も訂正はいりませんね。

 

要するに人の気持ちを考えられないような奴は馬鹿だし、馬鹿は人の気持ちを考えてないんですよ。

僕は日頃ツイッターで「リプライはするな。してくる奴らは死ね」と言っているんですけど、何を勘違いしているのかそれにリプライを送ってくる馬鹿がいるんですよね。冗談で言ってることと本気で言っていることの区別もついてないんですよ。正直言って遺書で親と母校の先生に謝って自殺してほしい。

 

人が嫌がってるって公言してるのにわざとそれをしてくる人っていますよね。クラスで「僕◯◯が苦手で……」って言ったら毎日ちょいちょい嫌なことやってくる奴とか。大抵は面白半分でやってるらしいんですけど、こっちからしたら嫌なことこの上ないんです。「なんで嫌がるのにやってくるの?」と聞いたら多分ぶっ殺したくなるような回答が待ってるんですけど、それはどんな場所でも変わりませんよね。学校だろうとインターネットだろうと職場だろうと普段遊んでる公園だろうと。サイコパスしかいねぇのかよこの世の中。ポイズンかよ。

僕はTwitterで話しかけられることが苦手なんですけど、別に全てのリプライが憎いわけじゃないんです。いわゆる「ダル絡み」とかいうリア充だけストレスを感じないめちゃくちゃに鬱陶しい絡み方です。別に何の話題があるわけでもなく、「ひまー」だとか「かまって」だとかいうことを言ってくる絡み方です。思考回路どうなってんだよ。ひまだったら壁にでも話しかけてろよクソが。

これが苦手な僕の対処法は、「こいつはダル絡みしちゃダメなタイプのやつだ」と相手に覚えさせることです。めちゃくちゃ真面目に説教したり、「いかに嫌か」を説明したり、逆にあっちが「しつこい」と言ってくるまで誹謗中傷を送り続けたりしました。リアルだと大抵一発で黙るんですが、インターネットだと相手の顔が見えない分気が大きくなってやめないで煽ってくる輩がいますよね。そういった輩が一番厄介なので適当にブロックして相手の自尊心を適度に満たしてあげるか、連日誹謗中傷を送り続けて相手に「流石にウザい」と思われブロックされましょう。僕は後者の行為を続けて三人くらいにブロックされました。

 

「人が嫌がっている程度」

よくいますよね。「自分高いとこ怖くて〜ダメなんですよ〜」とか言っといて勧められたら普通についてってジェットコースター乗って「やっぱダメですわ〜」みたいなこという人。お前高いとこダメちゃうやんけ。

こういう「口ではそう言ってるけど実際そうでもない」って人はいますよね。僕は人が本気で苦手なので「話しかけるな」とTwitterで言ってるんですけど、多分上記のような人と勘違いされてリプライとか送ってくるんだと思います。単純に読解力がない人がこっちにくるんでしょうか。だとしたら義務教育の敗北じゃないですか?「人の気持ちを考えてみましょう」っていう国語の勉強が全て無に帰しているじゃないですか。頭足りてない人間が気軽にインターネットで人絡むな。殺されるぞ。

 

僕は以前某界隈のオフ会に誘われた時、前以て「大人数じゃなかったら行きます」と伝えていました。以前大人数のオフ会に参加した時全く喋れずに孤独で押しつぶされ帰った後泣きながら缶チューハイを煽っていました。僕はもうそのようなことになりたくなかったんです。

で、「今回は少人数だから」と言われてやってきたんですよ。そしたら僕を抜いて既に8人いました。どういうことだよ。少人数ちゃうんけ。と思ったら主催というかメインの人に「ごめんなさい、どうしても会いたくなって嘘ついちゃいました。てへへ」とのことでした。

多分上の「高いところダメ」みたいな感じで「人付き合いが苦手」というのをとられてしまったんでしょう。仕方がありません。彼もまさか僕が本気で「人が憎い」と言っているとは思わなかったんでしょう。他人が言っていることを100%理解するということは無理に等しいことです。誰だって間違いは起こします。でもその界隈でするオフ会には二度と行かないと誓いました。ふざけんなよ。

 

僕が人生の中で最も憎んでいると言っていいものは「疎外感」と「ぬか喜び」です。僕はこの二つをあの時同時に叩きつけられました。人の無邪気さは時に凶器となるのです。僕は次に約束を破られたらその場にいる全員に本気で怒ってもう二度と話すことはないと思いますが、僕は人間を信じたい楽観的な人間なので、「もうこんなことはないだろう」と思いながら日々を過ごしています。もしこんな辛いことに三度目があるとしたら、その日に僕は自殺します。こんな世の中間違ってるだろ。死んで詫びろよ。

 

人の嫌がることはやめろ

最後に本題にいくというプロのブロガーの方から刺されそうな暴挙ですが、愚痴が先走ってしまった僕を許してください。はい。許されました。今許されました。僕の昔からの親友である部屋に入って正面の壁くんに許してもらいました。ざまあみろ。

 

人はなぜ人の嫌がることをするのでしょうか。それは「ちょっとした悪意」だったり「そういうノリだと勘違い」だと思いますが、本気で「やめてください」と言っている人に対して嫌なことをやり続けるのはもう「人間としての倫理観が根本から欠如している」と言わざるを得ません。だってそうじゃないですか。幼稚園から全ての教育機関において教わる「道徳」は人生という道を歩んでいくための「地」にも等しいものです。その上を歩いているからこそ、人は人でいられるんです。

だというのに、道徳の授業や先生の言う事を適当に聞き流して生きてきた頭の足りない人間や人を甚振ることでしか快感を得られない社会不適合者は平気で「人の嫌がること」を人に対してやってきます。こういった人達が少年少女だけでなく大人にもいるってもう適応のための再教育とか言ってないで死刑にしたほうがいいんじゃないですか?そういった人達がいるせいでいじめを受けている子供たちは傷つき、自殺し、人の痛みを屁とも思ってない大人達が責任をなすりつけあっているんです。少年院とか言ってないでもう普通に「暴行罪」とかで裁いて懲役刑とかにしたらいいんじゃないですか?じゃなかったら死刑でいいでしょ。人の人生を邪魔しているということがどれだけの大罪なのか分からない人なんてもう死んでいいじゃないですか。

 

何の話かわからなくなってきましたが、とりあえず「人が嫌がっていることはやめろ」という話でした。

皆さんは陰湿にやられたら一度正攻法で抗議してください。そしてその抗議をどうでもいいようにされ続行されたら相手を上回る陰湿な方法で報復してください。「それをしたら相手と同じような存在になるぞ」と宣う輩は無視してください。そう言う奴らは「報復の意味」と「自分と相手の『行為の意味』の決定的な違い」がわかっていません。報復をしても絶対「同じような存在」になんかなりません。なので安心して報復をしてください。抗議をしてください。上に書いたような奴らの言葉に踊らされて攻撃を受け続ける必要なんかありません。耐え続けても死が待っているだけなんですから。

 

まあ僕も実体の無い相手に対して殺意を振りまいてる分まともな道徳観のある人間とは言い難いですけど、Twitterという閉鎖的な空間で一人地団駄を踏んでいるのに等しいことなので誰にも迷惑はかけてません。大丈夫です。壁くんもそう言ってます。終わりです。