読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

箱とラジカセとぼく

思ったこととか思ったこととか書きます。くだらないことしか書いてないので気をつけて読んでください。記事に関する意見はTwitterでも受け付けてます。ID:@senedesumusu

自由恋愛の話

恋って結構不安定なものだよなぁって話。

 

おはようございます。僕です。

 

綺麗なものだけで構築された世界に行ってみたいです。鮭の皮とか。

 

 

恋愛が何でできているのか考えてみよう!

平野レミの料理企画みたいなタイトルになってしまいました。

でも、これくらいポップなほうがいいよね。いいよね。

 

まず、恋愛ってなんなんでしょう。例によって辞書で調べてみました。

 

「恋愛」は「(おたがいに)恋(コイ)をして、愛を感じるようになること」と記す。

そのうち「恋」は「人を好きになって、会いたい、いつまでも そばにいたいと思う、満たされない気持ち(を持つこと)」

「愛」は「1 〈相手/ものごと〉をたいせつに思い、つくそうとする気持ち」「2 恋(コイ)を感じた相手を、たいせつに思う気持ち」

 

めっちゃくちゃピュア。ヤバイ

どんな少女漫画よりも辞書が一番キュンとさせてくれました。

 なんだ辞書お前、淡々としてる文系キャラかよ。乙女ゲーで一人はいる敬語のメガネのやつかよ。

 

でもひねくれた考え方の僕にとっては、恋愛は「自分の欲求を満たすために人を巻き込んだ自己満足」としか思えないんです。

 

どんなに人のことを思って尽くそうと考えても、それは結局「自分が幸せな気分になれるから」なのであって、「大切な人のことを思っている」というわけではないのでは?

と思ったわけです。心身ともに醜い。

 

とにかく、意識の根底にどんな思惑があろうと、「相手を求め、相手に尽くしたい」という感情が「恋愛」の正体なんだと思います。

 

 

 なぜか物が多くなっていく部屋とTシャツと私

 僕はやたら物を収集する癖があるんですが、なんでだろうと考えたわけですよ。

旅行に行ったときに買った都会じゃ買えない地域限定のデザインのペットボトルとか、もう使ってない前のスマホカバーとか、食べ終わったココアシガレットの空き箱とか。

自分でも「なんで捨てないの?」って思うものが部屋中にあるんですよ。おかげで僕の部屋はがらくたの巣窟みたいになってます。

テレビとかの特集で見るようなゴミ屋敷ではないですが、それでも「物が溢れかえってる」という状態です。

 

 なぜそこまで部屋に物が多くなっていくのかなーって考えてたんですけど、完全に「自分の物」になるからだと思いました。

 「物」というのは所有権が明確になっているものが多いです。

 自分で稼いだ金は自分の口座に振り込まれ、自分で引き出すことができます。

 自分で買ったものは「自分のもの」なんですよね。当たり前ですけど。

 

で、「人」はどうでしょう。

これまた当たり前の話なんですけど、「所有権」というものがないんです。

人間には「誰のもの」ということがないんですよ。

まあ乙女ゲーとか少女漫画で「ダーメ、こいつは俺んのだし!」みたいなセリフがありますが、あれはちょっと僕の理解を超えてるので置いときます。

 

これが僕を不安にさせる原因の一つだと思ってます。

めちゃくちゃ気持ち悪い理由だった……ヤバい……気持ち悪い……

 

要するに、「所有権」が存在しないということは、「いつどこへ消えようとそれを咎める権利はない」ってことなんですよ。

浮気をしようと誰と駆け落ちをしようとそれはその人の「権利」であり「自由」です。僕がとやかく言うことではない。その人の意思を尊重しないということは、その人そのものを根本から否定していることの他ありません。

と、僕はそう考えています。

 

「物」には明確な所有権があり、それを主張することができますが、「人」にはそれがない。

「物を収集する」という行動は「(人とは違い)それはちゃんと自分のものである」という確信を得たいがために行っている……?

ということです。こっわ自分。

 

 

「自由恋愛」ができない僕の言い分

僕が恋愛において大切ことは「信頼」「理解」だと思っていますが、僕はこういう性格をしているので結婚するまで心に安寧は訪れないんだろうなあと思います。

結婚は恋愛における「信頼」を形にして契約するものであり、それはすなわち不明瞭な「恋愛」というものを文面化し、浮気や駆け落ちをされた際の「権利や契約の侵害」を主張できるということです。

こんなんだからモテねぇんだよ。

 

でも、僕は決して人を徹頭徹尾信用しないとか、金を貸すたびにいちいち借用書を作って拇印を押させるとかそういう人ではありません。お婆ちゃんちの乾燥若芽に誓ってそう言えます。

むしろ言われたことは全部信じるし、冗談のつもりで言われた約束を守って「え!?あれ冗談だよ!?」とか言われたことが多々あります。病気じゃん?

そういう些細なことなら僕は全部流せるし、多少ひどいひっかけにかけられても「ナハハ、こいつぅ〜」って言って全力でデコピンする程度で許します。

 

でも恋愛だけはダメなんですよ。

恋愛感情がからむ約束を破られるとめちゃくちゃ怒ります。

僕は待ち合わせ場所に一時間遅れようが二時間遅れようが来るなら許しますが、待ち合わせ時刻を過ぎてドタキャンなんかしようもんならそりゃもう阿修羅かヒトラーの怨霊かってレベルで怒りますよ。チンチロリンでイカサマをされた岸辺露伴くらいの剣幕で怒ります。

 

多分そういう思考回路の根底には「不安」が敷かれてるんだと思います。

僕は自己否定感情が強いので、いつも不安で仕方ないです。

おまけに周りの人からは「浮気っていうのはいつされてるかわかんねぇからなぁ」「裏でどんなことしててもしれっとした顔してるからわかんねぇんだよなぁ」とかそういう話をよく聞くので、僕はますます人の「恋愛感情」というものを疑っています。

どんなことをしてあげようが、どんな思いを抱いていようが、所詮は「感情」です。諸行無常です。変わらないということはありえないんです。ただの公園の砂絵にすぎないんです。

 

具体的な解決案などない

僕がこういうことを友達に話してると「お前は考えを改めろ」みたいなことを言われるんですよ。無理だよ。

 

こういうのは克服しようと思ってできるものではないんです。人によって食べ物の好き嫌いもあるし、暑がりな人や寒がりな人がいる。そういうことと一緒なんですよ。

僕は人に対し恋愛感情の絡んだ「信頼」がおけないというのはそういうものなんです。

 

だからもう「お前は考え方を改めろ」みたいなことはツイッターで言うなよ。無理だから。「無理だと思ってるから無理」とかそういう話じゃないねぇから。理解しろ。

 

 

そう、人と関わる上で大切なことは「人に対する適度な理解」と「干渉しすぎない礼儀」です。

 

人が「苦手なんですぅ……」って言ってるのにズケズケ人の心に釘バット片手に乗り込んできて「無理だと思うから無理なんだよ!」「経験が浅いからそういうことを言うんだ!」とか、鬼畜の所業外道の極みとか言っても許されるレベルでしょ。

だから人間が嫌いなんだよ!!!「理解した気でいる奴」が一番タチが悪いんだ!!!!お前が死ぬことが社会貢献になるんだよ!!!!!あああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

 

とにかく、僕はそういう人間だし、僕みたいな人間も一定数いると思いますが、そういう人には「恋愛はいいものだぞぉ〜?」とか「彼女とか可愛くて仕方ないからさぁ、お前も彼女作れよ」とか言わないであげてください。

最悪の場合玄関のドアに張り紙とか立ちションとか宗教のチラシが大量投入されると思ってください。それくらい嫌です。

 

 

あとそういう反論をしたら「知らねえよ」とか返すやつ、お前は一生喋るな。人に説教を垂れるな。来世は1000円自販機になって「うっわw外れたw」「マジで当たり入ってのかよw」とバカにされ続けてその生涯を終えろ。