箱とラジカセとぼく

思ったこととか思ったこととか書きます。くだらないことしか書いてないので気をつけて読んでください。記事に関する意見はTwitterでも受け付けてます。ID:@senedesumusu

言い訳の話

「言い訳とは一体なんだろうな」という話。

 

 

 おはようございます。僕です。

 皆さんは人に怒られてるときに「言い訳するな!」と言われたことはないでしょうか。

 僕は昔からよく言われては「納得いかない」と憤慨していたんですが、真面目に「なんでそう言われるのか」と考えてみようと思います。

 

「言い訳」ってなんだ

 こちらのブログは久しぶりの更新になりますが、恒例の「辞書を引いて正しい意味を調べてみる」をやっていこうと思います。

 

1.自分の言動を正当化するために事情を説明すること。また、その説明。弁解。「〜は聞きたくない」

2.筋道を立てて物事を説明すること。解説。

3.過失、失敗などを詫びること。謝罪。

4.言葉を使い分けること。言分。

 

 いや、めっちゃめちゃ多いな。日本語の複雑さを視覚化された気分ですね。日本人がビビる密度を一つの言語に詰めるな。もったいない精神か。

 

 今回僕が言及していくのは1の内容です。

 

自分の思う「言い訳」の意味

 多分他の人は1の正しい意味での「言い訳」という言葉を使っているんでしょうが、僕は普段その言葉を使われている状況に納得いってませんでした。

 僕にとっては「なぜそうなったのか」という事実を話しているつもりが周りにとっては「言い訳」に見えているんだと思います。

 

 実際、普段僕は責任逃れをしようとしているわけではないつもりだし、「なんでそうなったのか」と問われて「僕が◯◯だったと思ったからです」と言ったら「言い訳すんな!」と言われるんですよね。僕はこれに理不尽さを感じています。聞かれたから答えたんやろがい。

 僕は人と同じような思考パターンを持つことが出来なかった人間なので、「いや、聞かれたから答えるんじゃなくてそこで謝ってほしいんだよ」みたいなこと言われても疑問符しか頭に浮かびません。なんなんだ。普通の人ってそういう行動パターンが身に付いてて僕が世間から外れてるだけなの?

 

 僕にとって言い訳とは「事実(本当に現実に起こったこと・そのときの自分の行動や感情)をねじ曲げ、都合良く見せている」だと思っているので、本来の意味合いである「自分の言動の正当化(道理に適っているように見せること)」とは少し違いますね。

 

 

「言い返さない」という選択をとってみる

 現在、僕はもう出来るだけ言い訳(自分の言い分)を言わないようにしています。

 どんなに自分の方が正しくとも、言い訳として捉えられるのなら諦めて黙ってるようにして、相手の満足がいくまでいろいろ言われるようにしています。少なくとも「また言い訳して!」みたいな追加説教はこないでしょう。

 これからちょっと前の話をします。

 

 あるとき、「時間を空けて事実を言ったら納得してもらえるかも」と思ってしまい、その場はただ言われて「はい、はい」と言って後日その話が出た時に「あれは実は……」と言ってみたら、「また言い訳してるな?」と言われたので完全に絶望してしまいました。脳裏に「死」の文字が躍っている。辛すぎて帰り道完全に思考が止まっていて、「気がついたら家に帰っていた」という状態になった。ちくしょう!なんだってこんな目にあわなきゃいけないんだ!

 なのでやっぱり諦めて黙っていたら、今度は「自分は悪くない(と思う)のに……」という思いが募り、他の悩みと混合して「とにかく淀んだ気分」が生成され「なんとなく辛い」という漠然とした辛さに襲われるようになりました。

 結局、僕はその状況で何をしたのか。

 

 そう、「愚痴」と「考察」です。

 インターネットで感情をまず吐き出し、その上で冷静になって「なぜ自分はこんな感情になっているのか」を考える。この行動をすることによって「自分ではない第三者の事柄」みたいに思えてきてうまく現実逃避できます。僕は今までこの方法で様々な苦痛を緩和してきました。

 さらに、この方法をとることによって今後の創作についてのヒントが得られます。僕は人の気持ちがよくわからないので、自分が体験してその感情を分析して理解出来ないと心理描写が使えないんです。僕が今まで書いてきたものは全部僕の体験と考察の賜物なんです。そう考えるとこういう絶望を味わうのも悪くないですね。嘘だ。悪いわ。出来るなら毎日ハッピーに暮らしたいわ。アホ。

 

思想は色々と濾過されて、最終的に「腑に落ちないな」という感情が残りました。ダメじゃん。

 

 

自分を疑うところから始めたらいいのでは?

 多分読んでる人が思っているのは「本当にお前は悪くないの?」というところです。

僕は会社では普通にミスとかヘマするし、そこが印象に響いてるのもあると思うんですが、大体「言い訳するな!」と言われるときは「自分にとって事実だと思っていることを説明したとき」「頼まれたことをやっていないと怒る上司が頼んだ相手はそもそも僕じゃないけど、僕に頼んだと思い込んで怒ってくる」みたいなやつがほとんどなんですよね。それで納得いかなかったら僕が悪いんでしょうか。誰か助けてくれ。

 

 ある日僕は怒られた内容を反芻しながら帰っていたら、「もしかしたら本当に僕が悪いのでは?」という発想が出てきた。

「だとするなら怒っているのも納得いくし、そもそも僕がミスしなければ矛先が僕にくることはないんじゃないか?よーし!これからはミスのないように頑張るぞ!」と自分の感情に蓋をしてその日は乗り切れましたが、翌日普通にミスして「無理や」と思い昨日した感情の蓋は簡単に吹っ飛びました。僕は感情の振れ幅がでかいので、その日は「結局自分で決めたことすら出来ない……僕は……」と落ち込んでいました。死にたい。

 その日やったことは結局、「ミスして怒られたことで自分が納得したフリをしたことを自覚させられ、気分も最悪になった」ということだけでした。クソ。

 

 

自分が「言い訳」をした日

思ったんですが、「自分が納得いくかどうか」と「責任の所在と実際の問題」って全くの別問題なんですよね。自分の「納得いかない」という感情やその論理は「現実に起こっていること」とは別の問題ということです。

 

 ある日、僕は会社で「倉庫にとってきてほしいものがあって、上司からそれを自分に探してとってきてほしいと頼まれたときに、自分が見落としていて『ありませんでした』と伝え、『◯◯のところにあるはずだろ?』と言われてもう一度探しに行ったらその場所にあって、『ありました』となって注意された」というシチュエーションになりました。

 そのとき自分は「頑張って探してたのになぁ」と不服になり、「全部探したんですがねぇ」と言ってしまいました。このとき、自分でも「あ、今、僕〝言い訳〟したな」と思いました。そんで案の定「全部探してねえじゃねーか!言い訳すんな!」と普通に怒られました。この件に関してはマジでごめんなさい。僕が悪いです。

 

 ここで考えたのが「自分の『頑張って探したのに』という不満」と「見落としていたという現実問題」は全く無関係というところです。

前の記事でも言いましたが、「自身の頑張り」と「現実に出る結果」は別の話です。

僕も所詮「頑張ったのだからそこも全体の評価に加えてほしい」と不満を漏らす子供だったということですね。自戒していきたいです。

 

senedesumusu.hatenablog.com

 

 つまり「僕の考える言い訳」とは、頑張って探していようがなんだろうが「見落としていた」ということは事実であり、それを叱られているのに、自分の感情にねじ曲げられて事実ではないのに出てきた「全部探した」という言葉を発したことでそれが「言い訳」となる、ということでしょうか。

 僕は今回これで納得いきましたが、普段から言われているような「言い訳すんな!」にはまだ納得いっていないので、多分今後もこういったことを考える機会はあると思います。

 

 

結局「言い訳」とはなんだったのか

 まとめますと、僕の言い訳という言葉の解釈は「自分の感情で事実をねじ曲げ、嘘でダメージを軽くしようとする姑息な真似」です。無に責任を押し付けているのと同じだと思います。

 これからそういった「人に怒られる言い訳」を回避するためには、まず自分の感情は置いといて、現実問題何が起こっていて、責任は誰にあるのかということを考えます。そしてその場は黙り、自分の感情と相手の説教が収まるのを待ってインターネットに愚痴と考察を書きます。これでその場で言い返すことはなくなり、完璧に「言い訳すんな!」と怒られることはなくなりますね。これで現実逃避ではなく、「現実に向き合った上で今後自分が出来る改善策を探す」ということが出来ます。上司の勘違いで怒られてたら諦めも「あーあ損した」レベルまで心を落ちつけられるでしょう。処世術とは小学校の頃道徳の授業で習った礼儀作法とは少し違うんですね。

 結局、「納得いかない」という感情を沈められないからいつまで経っても納得がいかないんでしょう。冷静に考える時間を自分に与えることで自分を納得させられるものだと僕は思っています。

 

 

 

 そういうわけで、僕はこれからもTwitterで不平不満を喚き散らしていきます。

 Twitterのフォロワーの皆さん、これからもよろしくお願いします。

方法の話

おはようございます。僕です。

「努力の仕方は人それぞれ」って話です。

 

僕はニコニコのブロマガでクソアニメの感想やなんかを書いているんですが、そこのコメント欄でレスバトルされたのでちょっと考えました。

 

元々の発端は僕がなろう小説に対しての感想を書いてたら、作者さんがコメント書いてたら他の読者の方とバトってて若干荒れてる状態になったって感じです。クソめんどさい。

Twitterでやれーーーーーーーーー!!!!!!!クソッタレがぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!

 

しかしその中でも興味深い論議をしていました。

「努力はどうするべきか」ということです。小説を書くための努力はどうするべきなのかって話です。

関係ありそうなので良かったら他のこちらの記事もご覧になった上で読んでください。

 

senedesumusu.hatenablog.com

人によって努力の仕方は様々

人はどうやって努力をするべきなのでしょう。

例えば小説を書くとき、まず最初に何をすべきなのでしょうか。

僕は基本的に頭に思い浮かんだプロットを自然に読める形になるまで書いては消すことを繰り返して小説を書いています。これが正しい努力なのかどうか、僕にはよくわかっていません。でも今まで小説で痛烈な批判を受けたことはないので、なんとか読める形にはなってるのかなと思います。

 

他の方はきっと違うと思います。「ただひたすら書き続ける」「指南書を読む」「誰かの批評を受けて修正を続ける」と、どれも『正しい努力』だと思いますし、どれが誰に合ってるかなど誰にもわからないと思います。

「これをすれば間違いない!」っていうのは人が成長する上で絶対ないでしょう。もしあったらマジでテンプレにハマった優等生が量産され、社会は既に素晴らしい人間に満ち溢れて僕みたいな人間は淘汰されているはずです。まだ死にたくない。

 

僕のニコニコのブロマガのコメント欄ではバトルが勃発して「場外乱闘してくれ」って気持ちでいっぱいですが、「文章力をつけるならこうすればいい」ってところには引っかかったので書きました。

 

「頑張り」は免罪符になり得ない

コメントでは「頑張ってないみたいに言わないでください!」という作者さんの悲痛な叫びがコメント欄にたくさん見受けられて悲しくなってきます。

だって「頑張った結果」が出なければ他人からは「頑張ってないように見られる」からです。結果が伴って初めて努力を認められるのが社会です。学校で「頑張ったことを評価される」のは努力をすることに力を惜しまないようにする教育の一環です。どれだけ裏で頑張ったとしても、それが結果に現れなければ「お前は今まで何をやってたんだ?」と言われても仕方がないことだと思います。

だって他人は「結果を見ることでしか評価できないから」です。結果の中で努力を認めることはあっても、「見えないところの努力」を評価しろというのは流石に無理があります。だって見えないんですもん。

 

 

まあ、でも色々な「努力不足がある」というのも書いておきたいですね。

上の僕のツイートのように、単純にクオリティを上げるための努力が不足してた(努力の仕方が間違ってた)か、作品のクオリティが上がっても認知されるために広報をする努力が足りていないせいで評価もろくに受けられなかったり。自分の言動や行動に気を使う努力を怠ったせいで作品にまで評価が響いてしまったり。

色々な「不足」があります。今回はどれに当てはまっているのか、僕たちはどれが不足しているのかというのを一度落ち着いて考えてみましょう。

創作活動で大事なことは「自身が落ち着くこと」「自分の創作に自信を持つこと」です。それが不足していたらもう何もかも続きません。創作でモチベーションを保てませんし、作品の中で何かを間違えていても気付くことが出来ず結果としてクオリティが上がらないクソスパイラルに陥ります。

 

人の意見を飲み過ぎるな

僕は普段人に意見できるほど偉い人間じゃないんですが、たまにネット上で「人の意見を鵜呑みにしすぎてその人本来の作風がめちゃくちゃになって方向性を見失った」という可哀想なモンスターを見かけます。

そういう人の意見を鵜呑みにしすぎる人は、「自分の作品に必要なものが何か」という大切なことを自分の脳みそから排除してしまい自分が何をやりたかったのかを忘れている可能性があります。そういう人を見たら僕はコミュ障で指摘出来ないので誰か言ってあげてください。

創作で大事なことは「自分の作品に自信を持つこと」ですが、客観的な意見も大切です。自分が見えていないものが他者に見えてることはよくあることです。しかし、作品を作る上で「大切にしていること・こだわり」みたいなものはあると思うんです。それを忘れては土台を失っていることと同義です。そうなったら後は倒れて終わりです。完。続編なし。

そうならないために「落ち着くこと」と「自信を持つこと」が大事になってくるんです。そういうことです。

 

 

うまいこと締められないので東京メトロ東西線のドアの閉まる音をやります。

プスゥゥゥゥ………ゴゴーゥアッ

距離感の話

たとえインターネット上でも節度を持った距離を保ちましょうねって話です。

 

 

おはようございます。僕です。

新年度も始まり、新社会人さんや進学した学生さんたちが張り切るこの時期、いかがおすごしでしょうか。僕は会社の大量発注に喘ぎ、満員電車の密度が増して大変殺伐とした精神状態で生きています。

 

そんな僕を癒してくれるのがTwitterなんですが、最近少し頭がアレな方に絡まれて色々と考えたのでそれを書いていきたいと思います。

 

Twitterのフォロワーだろうが基本は「他人」

見出しに書いているようなことを、基本的にTwitterユーザーの方は理解しているはずなんですよね。だってそれを理解してみんなインターネットを使ってるわけですから。だから「FF外から失礼します」みたいな文言が生まれるわけです。

 

でも時たまそれを全然わかってない 「最近インターネット使い始めた中学生かよ」というような人が出てきます。

いきなりリプで「だよね〜wwww」って何の実りにもならないこと言ってきたり、「◯◯じゃんw」みたいにいきなりタメ口きいてきたりする人のことです。

「知らない人には敬語を使え」って大人に習わなかったんでしょうか。もしそれを大人がやっていたりした日にはもう「来世からやり直せよ」と言って脳髄にナイフぶっ刺して正気に戻してあげたいですね。初対面の人に対していきなりタメ口聞くやつは大抵表面上の付き合いばかりの薄っぺらい友好関係を築いてヘラヘラして人生を過ごしてきたバカです(偏見)

「初めてリプするんだったらとりあえず適切な距離感を掴むために敬語を使え」って思うわけなんですよね。これが出来ない人はとりあえずインターネットやめて動物園かサバンナか精神病棟の檻の中に帰ってください。帰れ。人と関わろうとするな。

 

あと見出しの内容とは全然関係ないんですけど、Twitterで人とリプ飛ばしあってる時に横から僕も相手も二人とも巻き込んだリプ送って途中参加してくる奴とか他人に送ったリプ勝手にふぁぼるやつ、脳みそにウジが湧いてるとしか思えませんよね。デリカシーがないんでしょうか。死ね。不愉快。

 

人の意思を汲め

閑話休題に入りますが、僕はある日Twitterをやっていました。そしたらいきなり知らん人がフォローしてきたからフォロバしたわけです。そしたらその人、人がリプ飛ばしてるのにそのリプライふぁぼってきたり勝手に参加してきたり一つ一つのツイートにどうでもいいタメ口リプ送りまくったりと「絶望的に自分が嫌いな人種」だったんです。他の人はともかく僕は最強に嫌いなタイプ。

それで僕が「黙れ。二度とリプを送るな」と言ってもさらにタメ口リプ送りまくりだったので「いい加減にしろ、死ね。リプを送るな。そして初対面の相手には敬語を使え」って言ってたら相手がキレ始め、「テメー出てこいやコラリアルファイトじゃ」とか言ってきた上僕のプロフィールスクショして晒し始めたので、さらにそれをスクショして晒してたりしてました。そういう喧嘩してたんです。最終的に相互ブロックして終結したんですが、これを踏まえて僕は色々と考えることになってしまったわけです。

 

まず、僕は上記の「なんでもないようなツイートにリプを送りまくる」「人とのリプをふぁぼる」「初手リプライタメ口」という人と関わったことがないのかと思うようなコミュ障キラーリア充人間が大嫌いです。なんなんだ。全部にリプ返してもらえると思ってるのか?バカか。Twitterやってる人間が全員人と話ができる状態だと思うなよ。疲れ切った中Twitterやってて「おいしそ〜^^」みたいなクッソどうでもいいリプ見たらリプライ飛ばした奴の首刎ねとばしたくなるに決まってんだろ。疲れてんだこっちは。死ね。

「人が嫌がってることはやめろ」と前の記事で言いましたが、その意思を汲めない人間はさっさとインターネットやめて洞穴の中でロウソクの火でも見てろって感じなんですが、残念ながらバカにも平等にインターネットをやる権利が与えられてるのが現状です。こういった社会のせいでどんどんインターネットリテラシーは低下し、人が人を傷つけ合うのが簡単になってしまいました。全部バカのせい。全員打ち首獄門にするかバカだけ集めた無人島を作って殺し合いをさせるべき。

 

senedesumusu.hatenablog.com

 

とっととブロックしなかった僕もこの喧嘩の起こる原因の一端だとは思います。

でも久しぶりに死ぬほど嫌いな人種が絡んできたのでちょっとテンションが上がって喧嘩してみたくなったんです。「怖いもの見たさ」という人間の性はどうしようもないものですね。トホホ。

でもそういった喧嘩が発端となり、僕は「人を気遣うところからコミュニケーションは始まるんだなぁ」と思いこの記事を書いているわけです。人生はどう転ぶかわからないですね。

だってどう考えたって上記の僕の嫌いな人種、「人を気遣う」って気ゼロでしょ。自分が思ったこと人に投げまくってるんですよ?相手の気持ち考える気なくないですか?それで「相手の気持ち考えてる」って答えるやついたらどう考えてもキチガイなんで脳外科手術で前頭葉カットしてもらうしかないです。早くドイツ軍の実験台になってくれ。

 

みんなでたのしくインターネットをつかおうね!

突然幼稚園児向けの交通安全を促すスライドショーの1ページ目みたいになってしまいましたが、僕の言いたいのは要するにそういうことです。

僕らはみんな人間ですが、みんな「違う人間」です。たとえ家族だろうが何だろうが、「100%通じ合ってる人」はこの世に存在しませんし、存在するとしたら確実にテレパシストです。それを分かった上でみんなこの現実世界を生きてるんでしょう。

しかし、度々「私が楽しいと思ったものはみんな楽しいと思うに決まってる」と一方的に決めつけ人の好みを完全無視する人間が出てきます。そういう人ほど批判されると自分を棚に上げて「これが好きな人だっているのに!ひどい!」みたいなことを言います。率直に言って死んでくれ。

 

「みんな価値観の違う人間なんだ」ということを意識した上で話し、「こういうことは言っちゃいけないかな」「これは言っちゃいけないんだ」と話す中で探り合っていくのが一番平和で理想的なコミュニケーションなんです。

話すのが苦手な人にガンガン話しかけていって「通じ合ってる!」と思うのは大きな間違いですし、それに気づかない人は正真正銘バカです。殴って教えてやりましょう。バカのエゴに付き合わされたメンタルが弱い人は潰れてしまうかもしれません。それはとても辛いことですし、本来回避されるべきことなんです。コミュ障ってマジに人と話すだけでかなりの体力を使いますからね。本当に死ぬぞ。

 

みなさんもインターネットで人と話すとき、最低限のマナーと「その人が何が好きで何を嫌がっているのか」ということを意識してくださいね。ネットでこれが出来ない人はネットやめて友達とだけ付き合っててください。リアルで出来ないと「社会不適合者」になってしまいますよ。

インターネットでいきなりタメ口使うやつ、インターネットを二度と使うな。死にたくなければな。