箱とラジカセとぼく

思ったこととか思ったこととか書きます。くだらないことしか書いてないので気をつけて読んでください。記事に関する意見はTwitterでも受け付けてます。ID:@senedesumusu

努力の話

幸せになりたいならそれ相応の努力をしろよなって話。

 

おはようございます。僕です。

 

なぜだか人って「◯◯はこうあるべき」みたいな意識があって、それを普段わかってないまま生活してるんですよね。そういう話です。

 

幸せはどうつかむべきか

よくいますよね。アラサーになってまで「ありのままの自分を愛してほしい」とか言って努力を怠って受け身状態で恋人募集中の人。死ねばいいのに。

まずありのままの自分を愛してほしいって第一印象が良くない相手好きになるわけねーだろ。全国恋人募集行脚にでも行ってこい。

 

すげぇ当然のことなんですけど、「幸福になるには努力が必要」なんだよね。

恋人がほしいなら身なりを整えるとか、マナーを知ってるとか、気遣いができるとか。そういった努力をするのが必須なんですよ。

「こういった幸せは努力して手に入るものじゃない」って無意識に考えて損してる人もよくいますね。

 

恋人を好きで居続けるのも努力がいるんです。

まあ当たり前ですよね。普通に何もしなければその人に飽きるに決まってるし、それを意識しないで過ごしてると突然別れを告げられることになるんですね。

熟年夫婦にありがちなやつです。「ありがとうを忘れて一緒にいた」とか「記念日とか一緒に出かけることを怠った」とか、そういう努力が必要なんですよ。

それを忘れて生きているっていうのは「好きという気持ちを過信し、慢心している」っていうことなんですね。心という諸行無常なものを軽視した結果です。

 

まあ本題の話とはあんまり関係ないんですけど言いたいから言いました。

本題は次からです。

 

気持ちのいいオタクライフとは

みなさんは気持ちいいオタクライフ送ってますか?僕はまずまずです。

 

最近アイマストドンなるマストドンインスタンスを発見しまして、Twitterよりそっちに入り浸ってる状態であります。

なんでかっていうと居心地がいいんですよね。なんかリアルタイムでみんなで喋ってるって感じで。一昔前のチャットルームを思い出します。

 

Twitterと比較すると、Twitterは「大きな体育館でみんなでバラバラのこと喋ってる」って感じで、アイマストドンは「教室の隅っこで机並べてだべってる」って感じです。

インスタンスという場所自体が小さいため一人の発言に影響力があり、一人の発言で全体の話題がどんどん変わっていきます。本当にみんなでだべってるように。それが楽しいんですよね。

Twitterでは一人が発言したってみんなはバラバラの方向見て喋ってるし、もう僕は「僕のツイートなんか誰も見てねえんだろ」とやさぐれたような感じで包丁片手に走り回って去っていくようなTwitterライフを送っています。無職の頃から変わらないですね。僕の寿命あとどれくらいかな。

 

でもアイマストドンをやっている上で気をつけないといけないのは、「みんなが楽しく暮らせるように心がける」ということです。

 

Twitterは一人一人の話題なんか気にもしないしバズらない限り一人の意見が尊重されることなんかまずありません。だって誰も自分を知らないから。

しかし、部屋自体が狭いマストドンではどうしたって一人の意見がみんなの目に入ってしまうわけなんです。常時インスタンスにいる全員をフォローしている状態なんですね。だから、気に入らない人がいたらその人を見えなくするように「自分から努力しなければならない」んです。

「うるさいから黙って」とか「そういう話嫌い」とか言うんだったら自分でその人をブロックなりミュートなりどっかへ避難するなりしたらいいんです。

どっかり椅子に座ったまま「気に入らないからやめろ」とかどこの王様だよ。ぶっ殺されるぞ。

 

そういった「自分が幸せに暮らすための努力が出来ない人」はアイマストドンとかそういった閉鎖的なコミュニティを相手どるSNSはやめたほうがいいです。

「お前の意見は嫌いだしお前も嫌いだからお前を見えないようにする」っていうのが本来平和に終わるあまり手のかからない方法なのですが、どういうわけか人は争いたがって「お前を矯正してやる」に走りがちです。そんなん矯正できるわけないし、そもそも矯正とはなんだよ。誰だお前。お前が六法全書なのかよ。

 

幸せに暮らすということがどういうことか

陰口って、立派な処世術だと思うんですよ。

「不満が募って誰かに言いたい、けど表立って言うのは色々まずい。だから人にこっそり話す」っていう陰湿ながらもちゃんと人と楽しく暮らすための「努力」をしていると思える行為なんですよ。まあ聞かされる方はたまったもんじゃないんですけど。

だからその陰口を晒すのは誰も得しないんですよね。

 

誰かを気遣って行動を起こすことが出来る。っていうのが努力であり、人と楽しく暮らすことへのイコールとなるわけです。

楽しいってことは、誰も不快な感情を持ってないってことじゃないですか。当たり前ですけど。それがどうして実現できてるかっていうと、誰も不快にならないようにみんなが心配りをしてるからですよね。

それを忘れた奴が好き勝手言い回って煙たがられるんですよ。悲しいですね。「楽しいから何でも言っていい」と勘違いしてしまった人間は追いやられてしまうんですよ。悲しいけどこれ、コミュニティーなのよね。

 

統括

「みんなと楽しく暮らせているのはみんながみんなに心遣いをしているから」ということを意識して実践し、忘れないようにすることですね。

何もせずに手に入る幸せなんかほとんどないんですよ。ほんの少しでいいとはいえ努力がいるんですよね。それを意識して生きるだけでみんなに少し優しくなれる気がするんですよね。

みんなで幸せに……なろうね……うふふ……

 

 

 

 

でも転売屋とか対立荒らしする野郎どもは殺すしかない。死ね。土に還れ。吸われてる酸素が可哀想なんだよ。息してんじゃねぇよ。ぶっ殺すぞ。