箱とラジカセとぼく

思ったこととか思ったこととか書きます。くだらないことしか書いてないので気をつけて読んでください。記事に関する意見はTwitterでも受け付けてます。ID:@senedesumusu

怒る話

人は何を思って怒ってるんだろうって話

 

おはようございます。僕です。

 

僕は温厚という名の世間知らずなので考えてみました。

 

人を怒らせる原因

僕は人を怒らせるのは極力避けたいし、怒られるのも避けたいと思ってるんですよ。

平和が大好きですから。ガンジーが握手求めるレベルですよ。

 

でも人を怒らせるってどういうときなんだろう?って思いますよね。

喧嘩中とか、別居中とか。

人それぞれ怒らせるポイント、「地雷」もありますし。

 

まあ本当に怒る理由は人それぞれだし、「これだ!」というものもないので、僕が怒る理由を書いておきます。

「こういう人もいる」みたいな参考にしてもらえれば程度に。

 

①「僕のものを壊す人」

子供の頃僕が一番嫌がったのが、「僕の作品を壊す人」です。

幼稚園にも一人はいましたよね。暴れん坊みたいな奴。

自分の感情のままに人が作ったものへの思いとか全部無視して壊す人、そんな人に僕はマジギレしていました。

 

小さい頃絵を描いたんです。結構な自信作だったんですね。

頑張って工夫して、写真とかも見ながら描いたんです。

 

それを暴れん坊(優しい言い方)が面白半分で真っ二つに破ったんですよ。

まあそれで怒ったから棒で殴ってそいつの頭真っ二つにしたんですけど。

 

人が頑張って描いたものをなんだと思ってるんでしょうか。

その人が作品のために注いだ時間と努力は一体なんだったのでしょうか。

一時の悪ふざけで、一瞬で、その努力と時間はバラバラになってしまうんですよ。

僕は耐えられませんでしたね。ボコボコにしました。平和大好き。

 

②「人の過去をほじくり返す人」

よくいるじゃないですか。

過去に恥ずかしい失敗をして、それを会う度言ってくるやつ。

僕はそれを同窓会でやられたので騒ぎになりかけるぐらいの喧嘩をしました。

平和大好き。

 

あれって何が楽しいんですかね。人には誰しも忘れたい過去であったり忘れたい人がいるってもんです。

それをわざわざほじくり返されたら嫌ですよね。

「嫌じゃない」って人は敵。敵です。死ね。パソコンのハードディスクが炎上して今まで保存したエロデータに殺されろ。

平和大好き。

 

 

なぜ嫌かって、その時の心境を蘇らせられちゃうからですよ。

先生に怒られて恥ずかしかった。その時と同じ気持ちになるんです。

加えて「その恥ずかしかったことを人の口から吐かれた」となれば、そりゃもう殺意100%でしょう。

太陽みたいに笑う君はどこだい wow wowしちゃうでしょう。

 

要するに、「恥ずかしいこと」と共にプライドを踏みにじる行為なんですよ。

これから面白おかしく人の恥ずかしい過去を暴露するなら「その人が許せるレベルなのか」ってことを考えてください。

考えないやつは死ね。くたばれ。死んで詫びろ。脛とか肘燃えろ。

 

 

③「倫理観の欠如している人」

論外です。

上に書いてあるようなことを注意しても怒ってもやめない、謝らない人です。

 

そんな野郎を見てると吐き気がする。殺意が湧く。

人間としての脳みそがイカれてる部類なので更生させるなら説得するより脳外科の手術を受けさせたほうが手っ取り早いでしょう。

 

平和大好き。

 

 

人を怒らせちゃったらどうしよう?

 「謝ったらいいじゃない」って思うでしょうけど、不用意に謝ると大変なことになります。

 

昔、勝手に僕のエロ本を盗みぶっかけたことで僕を怒らせた友人が「勝手にエロ本盗んでごめん!」って謝ってたんですよ。

 

いや、それもそうだけど、そこじゃねーだろ!って思ったんですよ。

例がアレですけど、そういうことです。

 

「自分が悪いと思っていたところ」と「相手が謝ってほしいところ」は必ずしも一緒ではないってことです。

人が何に怒っているのか、相手の立場になって考えることも大事ですよね。

 

とりあえずその友達は殴りました。

平和大好き。

 

 

人に怒ったらどうしよう?

まず、自分が怒ってることをはっきりさせましょう。

興奮して頭に血が上っているでしょうが、そうなるとどんな間違いを起こすかわかりません。

一旦冷静になって「自分が何に怒っているのか」をはっきりさせましょう。

 

で、上に書いたように「相手が悪いと思ってるところは自分とは違う」ということもあり得ます。

また、「相手が何に怒っているのかわからない」ということもあり得ます。

 

そういった場合は冷静に、かつ怒りを忘れぬよう、相手に「何を謝ってほしいか」を伝えましょう。

それでも相手がはてなマークだったら、さらに詳しく何に怒っているかを伝えましょう。

 

まともな相手だったらこれで解決します。

「ああ、あそこが悪かったんだな」「他にもこういう原因があったんだな」と反省してくれます。

相手が心から反省してくれたら握手を交わしましょう。

 

 

相手がまともじゃなかったら?

もしも「うるせぇよ。お前に謝ることなんか何もねぇよ。」「怒ってる?怒ってる?ピョロロ〜〜〜〜」となったら殴りましょう。

 

殺す。ぶっ殺してやる。そういう気持ちで相手を死なない程度にボコボコにしましょう。

気持ちがスッキリしたならそれはもう自分の勝ちです。

フルパワーで挑みましょう。

 

 

平穏に過ごすために

僕はね、平穏に過ごしたいんです。

人を怒らせてしまったら謝って、仲直りして、いつも通りの日常を送れる。

そんな平穏で幸せな、友達と一緒に笑いながら家に帰るような、そんな日々を送って人生を終えたいんです。

 

らんぼーな言葉を使うことのない、平和な世界のためにも、「人の立場に立って考える」ってことは大事なんだ。

 

そんな簡単なことも出気ないような愚図で甘ったれたプランクトンに達しないほどの単細胞で愚鈍な奴は死ね。死んで社会貢献しろ。全財産を税金として差し出した後自殺してろ。

 

 

平和が大好きな僕のために、人を怒らせないよう生活しようね。